読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も逍遥館 ~ 京都大学吉田南総合図書館のブログ ~

京大吉田南総合図書館にまつわる日々の話をスタッフが気の向くまま紹介するブログです

DVD:8月のおすすめは「戦争と人間」

DVD

こんにちは、逍遥館です。

視聴覚室の展示スペースで毎月更新している「今月のテーマ」、
8月(あと一週間で終わっちゃうけど)のテーマは「戦争と人間」です。

 

f:id:gymslib:20140825101706j:plain

ジャケットを見せる展示。業界用語でいう面陳でございます。

 

セレクトした作品は以下の9点です。
※それぞれ、タイトル / 監督、KULINE書誌URL、一言紹介の順です。

 

(1) 僕の村は戦場だった / アンドレイ・タルコフスキー監督
  http://m.kulib.kyoto-u.ac.jp/webopac/BB01093179
  当時30歳だったアンドレイ・タルコフスキー監督の長編処女作。

(2) Jeux interdits / un film de René Clément
  http://m.kulib.kyoto-u.ac.jp/webopac/BB03179821
  邦題は『禁じられた遊び』。「愛のロマンス」のギターが胸を打ちます。

(3) 火垂るの墓 / 高畑勲監督
  http://m.kulib.kyoto-u.ac.jp/webopac/BB02135000
  言わずと知れた名作。タイトルだけで思い出し泣きしてしまいます。

(4) 硫黄島からの手紙 / クリント・イーストウッド監督
  http://m.kulib.kyoto-u.ac.jp/webopac/BB02574195
 『父親たちの星条旗』も所蔵していますので、合わせてどうぞ!

(5) The killing fields / directed by Roland Joffé
  http://m.kulib.kyoto-u.ac.jp/webopac/BB03366632
  実在の記者が書いた、ピュリッツァー賞受賞作の映画化。

(6) Roma, città aperta / regìa di Roberto Rossellini
  http://m.kulib.kyoto-u.ac.jp/webopac/BB04252448
  邦題は『無防備都市』。イタリア・ネオレアリズモ映画の代表作。

(7) The pianist / [a Roman Polanski film]
  http://m.kulib.kyoto-u.ac.jp/webopac/BB04795862
  長らく行方不明だった『戦場のピアニスト』。買いなおしてもらいました…
  見終わった作品は、必ず元の位置に戻してくださいね(切実なお願い)!

(8) 戦場のレクイエム = Assembly / フォン・シャオガン監督
  http://m.kulib.kyoto-u.ac.jp/webopac/BB03183615
  中華人民共和国建国前夜に起こった“国共内戦”による悲劇を描いた作品。

(9) 夕凪の街 ; 桜の国 / 佐々部清監督
  http://m.kulib.kyoto-u.ac.jp/webopac/BB03288225
  原作はこうの史代氏の同名コミックス(文学研究科図書館に所蔵あり)。

 

f:id:gymslib:20140801110008j:plain

他にもたくさん候補作品がありました。あなたのおススメは何ですか?

 

8月は夏季休館を挟むため、いつもより展示期間が短くなってしまいますが
(というかあと一週間で終わっちゃうけど)
来館者も少なめなので、いつもよりゆったり見られるチャンスです♪

見たいけれど時間がない…という方は、各タイトル下のKULINEへのリンクから
「請求記号」を見れば、普段どこの棚にあるかを調べることができます!
請求記号=背ラベル=棚に並べられている順番ですので
チェックしてみてくださいね。ご利用お待ちしています。(O)

トップへ戻る