読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も逍遥館 ~ 京都大学吉田南総合図書館のブログ ~

京大吉田南総合図書館にまつわる日々の話をスタッフが気の向くまま紹介するブログです

潜入ルポ『異邦人・読書会』

こんにちは、逍遥館です。

当館には、古今東西の古典を集めた「グレート・ブックス」コーナーがあります。

さらに!グレート・ブックス普及企画として、学内の方々に読書会を開催いただいています。図書館スタッフはサポートに徹し、読書会の中身には関与しないことにしているのですが、今回はこっそり潜入。読書会って何が行われているのでしょう???

 

<9月1日(月)>第2回グレート・ブックス読書会「異邦人」(2回目)

今回取り上げられた図書はカミュ『異邦人』。

『異邦人』は学生時代に読んで、心にひっかかったまま放置していた小説でした。これを機会に再読。

f:id:eymslib:20140902161826j:plain

私が潜入した読書会は全2回の2回目。“不条理”については第1回で語り尽くされたようで、第2回では以下のような話題がでました。

f:id:eymslib:20140922124643j:plain

・ムルソーが感情のある普通の人間であることの証左について

・1部と2部の違いについて(実際の行動と裁判での捉えられ方の対比、2部は太陽と海が出てこないなど)

・ムルソーの卵の食べ方について

・ムルソー及びカミュの結婚観、愛についての考え方について

・ムルソーが生活する土地・妻を取り換え可能な存在と思っていることについて

・社会とムルソーのズレについて

・ムルソーはなぜ殺人を犯したのか?(「太陽のせい」は正直な答え)

・裁判でアラビア人についての記述がほとんどないことについて

・作中での太陽と海について

・ムルソーとニーチェの対比について

・ムルソーにとって幸福とは何か  ...などなど

 
 
読書会企画者・参加者からは『異邦人』への熱い想いが伝わってきます。想いの丈を詰め込んだレジュメも配布されました。作ってくれたのは1回生の学生さん!
自分はというと、読み込みの足りなさを痛感(> <)
写真は、本とにらめっこして、どう解釈するか悩む参加者の姿。

f:id:eymslib:20140922124705j:plain

f:id:eymslib:20140922124306j:plain

語る~♪ 語る~♪ おれーたち♪
 
分かったと思っていても、実はもうちょっと深い。読書会はそれを他の誰かと一緒に探す営みなのでしょう。
普段の生活で1冊の本について語り合う機会はなかなかありませんよね。1冊の本を囲んで、こんなにも生き生きしている学生さんたちの姿を見て、すっかり嬉しくなったのでした。
 
実は、図書館スタッフも、内輪・非公開のグレートブックス読書会を企画中でして、読書会進行の勉強もさせていただきました。ありがとうございました~。(A)

********************
読書会開催者も引き続き募集中です。誰かと一緒に古典を読みたいなという方、
吉田南総合図書館がサポートいたします。どうぞお声をおかけください。

f:id:bymslib:20140724121346p:plain

 

トップへ戻る