読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も逍遥館 ~ 京都大学吉田南総合図書館のブログ ~

京大吉田南総合図書館にまつわる日々の話をスタッフが気の向くまま紹介するブログです

秋の大返却祭

お仕事紹介

こんにちは。逍遥館です。


いよいよやってきました、10/8(水)は夏季特別貸出の返却日。
中の人たちにとっては、数日前から気合を入れ、
覚悟を決めて迎えうつ日であり、総力戦でハイテンションになる
祭りの一日であります。


前夜祭たる10/7(火)朝、10/8までが返却期限日の図書は
3,388冊でした。
この日もかなり多くご返却いただき、忙しいながらも
よしよしこの調子、と嬉しく思っておりました。

 

そして、本祭10/8(水)朝。
未返却本の数は、2,553冊。
……え、昨日、(あんなに忙しかったのに)
あれで800冊程度しか返却されなかったの !?

 

あと2500冊……。ますます覚悟を固めた中の人一同。
さあ、お祭りの開幕だ!

f:id:hymslib:20141010110831j:plain
8日朝にブックポストから回収した図書(これで半分ぐらい)

 

…と思いきや、午前中のカウンターは
思ったより平穏なまま過ぎてゆき、
13:00 時点での未返却図書は2,189冊。
でも、午後からはご返却のペースも量も増え、祭りの様相に。 

f:id:hymslib:20141010111425j:plain

これだけ多いと中のチェック*1も大変。

 

f:id:hymslib:20141010115518j:plain

ブックトラックがあっという間にぎっしりに。

 

f:id:hymslib:20141010121248j:plain

いっぱいになったらピストン輸送で配架作業へ。
これだけ多いと、手指、腕、足腰などいろんなところにくるのよ……。

 

 さて翌日10/9。開館前に未返却冊数を確認すると

「1,384冊」

 

ああ、まだそんなに……orz

 

このまま返却されない*2と、今度は、借りている方への
「督促」が始まります。
この「督促」、担当者的には結構しんどい仕事の一つです (+_+)。
どうかみなさん、図書館から連絡が来る前に
自主的にご返却お願いします!!(切実)

 

すべての本が返却されるまで、担当者の中では
孤独な祭が続いていくのでありました……。

(Y)

 

*1:忘れ物が挟まってないか、書き込みがないかを1冊ずつチェックします。

*2:期限を過ぎて返却すると、過ぎた日数分だけ貸出が禁止になります。みなさん返却日に遅れないよう、MyKULINEで確認してくださいね。返却日お知らせメールもご活用を。

トップへ戻る