読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も逍遥館 ~ 京都大学吉田南総合図書館のブログ ~

京大吉田南総合図書館にまつわる日々の話をスタッフが気の向くまま紹介するブログです

DVD8月のおすすめは ジョニーとヘレナそしてティム

こんにちは、逍遥館です。

毎日暑いですね…。と言っているうちに、8月も終わりに近づいてきました。

 

8月におすすめする映画、何にしようか考えましたが、もともとあまり映画に詳しくない担当です。ごくごく普通に、俳優さん推しでセレクトすることにしました!

今回セレクトしたのは、作品ごとに役柄ががらりと変わる名優ジョニー・デップ。そして、これまた七変化の女優ヘレナ・ボナムカータ。共演も多いお二人ですが、二人をつなぐ糸はティム・バートン。というわけで若干無理やり感もありますが、この3名のかかわる作品をどうぞ。

 

f:id:aymslib:20150825144852j:plain

どどん。 

 

 ギルバート・グレイプ (1993)

ジョニー・デップの主演作品。レオナルド・ディカプリオも共演してます。

 

エド・ウッド (1994)

ジョニー・デップの主演作品。監督はティム・バートン。
モノクロの画面が素敵です。

 

ショコラ (2000)

ジョニー・デップの出演作品。母娘の営むチョコレート店のお話ですが
ジョニデも出演していたんですね。美しいジプシーのリーダーを演じています。

 

ネバーランド (2004)

ジョニー・デップの主演作品。『ピーター・パン』の劇作家を演じています。

 

アリス・イン・ワンダーランド (2010)

ティム・バートン監督作品。ジョニー・デップが”マッド・ハッター”、ヘレナ・ボナムカータが”赤の女王”と、三人の魅力が楽しめます。

 

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (2007)

ヘレナ・ボナムカータがハリーの強敵の魔女、ベラトリックス役で登場。キレキレです。この後のシリーズにも同じ役で何度か出演。

 

英国王のスピーチ (2010)

ヘレナ・ボナムカータが主人公ジョージ6世の妻を演じています。こちらは穏やかに夫を支える役どころ。

 

レ・ミゼラブル (2012)

ヘレナ・ボナムカータが、テナルディエ夫人を好演。それ、誰?と思う方もおられるかもしれませんが、コゼットを預かって育てていた宿屋のおかみさんです。この宿屋の夫妻は、シリアスな劇中、唯一のコミカルキャラクターです。

 

エキセントリックな面が目立つジョニーとヘレナですが、違った一面にもぜひ注目してください。

ティム・バートン監督の映画には、ジョニー、ヘレナそれぞれたくさん出演しています(残念ながら、所蔵していないものもたくさん…)。これからのご活躍も楽しみですね!

(RN)

トップへ戻る