読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も逍遥館 ~ 京都大学吉田南総合図書館のブログ ~

京大吉田南総合図書館にまつわる日々の話をスタッフが気の向くまま紹介するブログです

DVD3月のおすすめは「日本近現代文学ー原作もどうぞ」

こんにちは。逍遥館です。

 

すっかりこの記事も遅くなってしまって、年度内の開館は
あと数日となってしまいましたが、DVD3月のおすすめは
「日本近現代文学ー原作もどうぞ」です。

せっかく図書館で観るのであれば、ついでに原作にも
チャレンジしてみてはいかがでしょう?

というわけで、原作本(吉田南総合図書館にあるものを
セレクトしました)とあわせてご紹介します♪

 

1. 山椒大夫 / 溝口健二監督
  森鷗外の原作はこちら
  『山椒大夫・高瀬舟 : 他四篇

  ですが、鷗外の作品も、中世の語り物「説教節」のひとつ、「さんせう太夫」
  がもとになっています。そちらも合わせて読んでみると、より深く楽しめるかも。
  『古浄瑠璃 ; 説経集


2. 羅生門 / 黒沢明監督

  原作は芥川龍之介の短編小説「藪の中」と「羅生門」
  『地獄變 ; 邪宗門 ; 好色 ; 薮の中 : 他7篇』(附属図書館には改版あり)
  『羅生門 ; 鼻 ; 芋粥 ; 偸盗 』 

  これもよく知られているように、今昔物語集から題材がとられています。
  『今昔物語集


3. 放浪記 / 成瀬巳喜男監督

  原作は林芙美子『放浪記』 


4. 雪国 / 豊田四郎監督

  原作は川端康成『雪国


5. 二十四の瞳 / 木下惠介監督

  原作は壺井栄「二十四の瞳」
  当館所蔵分では『壺井榮集』(新選現代日本文学全集 ; 5) に収録されています。


6. 潮騒 / 森永健次郎監督

  原作は三島由紀夫「潮騒」
  『三島由紀夫全集;4』に収録されています。


7. 海と毒薬 / 熊井啓監督

  原作は遠藤周作『海と毒薬


8. 橋のない川 / 今井正監督

  原作は住井すゑ『橋のない川

 

読んでから観るか、観てから読むか。
それぞれの文学作品がどのように映像で表現されているのか、
原作と併せて、じっくりお楽しみください。(Y)

トップへ戻る