読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も逍遥館 ~ 京都大学吉田南総合図書館のブログ ~

京大吉田南総合図書館にまつわる日々の話をスタッフが気の向くまま紹介するブログです

DVD7月のおすすめは「試験の合間に、短編アニメ作品集」

DVD

こんにちは、逍遥館です。

 

7月のDVDおすすめは、「試験の合間に、短編アニメ作品集」。
当館では、個性豊かなアニメーション作家の作品集を数々所蔵しています。
中には1本10分程度の作品もたくさんありますので、試験勉強の合間の
気分転換にいかがでしょうか。
短くても、つい引き込まれて見入ってしまう作品ばかりですよ~。

f:id:hymslib:20160707161151j:plain

 

ロッテ・ライニガー(1899~1981)

ドイツの影絵アニメーション作家。先日(6/2)、生誕117周年ということで、Googleのロゴが彼女の影絵になってましたね。長編の「アクメッド王子の冒険」は世界初の長編アニメーションと言われ、大変評価が高いですが、このDVD3枚組の2,3枚目の短編は短くて試験の隙間にはおすすめです。「シンデレラ」(約13分)など。

 

アレクサンドル・アレクセイエフ(1901~1982)

ロシアのピンスクリーン・アニメーション作家。ボードに埋め込まれた無数のピンの凹凸で作られた影によって、絵を描いていく技法なんだとか。白黒で独特の雰囲気があります。ムソルグスキーの音楽をイメージした「禿山の一夜」(約8分)など。

 

イジー・トルンカ(1912~1969)

チェコを代表する人形アニメーション作家。後世にも多大な影響を与えた巨匠です。当館では3枚組DVDを所蔵しています。どれからでもどうぞ。「フルヴィーネクのサーカス」(約23分) など。

 

フレデリック・バック(1924~2013)

カナダのアニメーション作家。柔らかいタッチの絵が魅力です。「木を植えた男」(約30分) は有名ですね。日本語ナレーションもついています。

 

川本喜八郎(1925~2010)

日本を代表する人形アニメーション作家。子供のころ、NHKで見た「人形劇 三国志」は強烈なインパクトで今でもよく覚えています(年がばれる……)。このDVDは人形劇ではなく人形アニメです。「道成寺」(約19分)など。

 

ユーリ・ノルシュテイン(1941~)

ロシアのアニメーション作家。切り絵を多用した独特の表現。「霧につつまれたハリネズミ」(約10分)がおすすめ。

 

・ ジョルジュ・シュヴィツゲベル(1944~)

スイスのアニメーション作家。いろんなものが回転しながら次々別のものに変わっていく「78回転」(約4分)が代表作。

 

山村浩二(1964~)

日本のアニメーション作家。代表作はアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされた「頭山」(約10分)。特にラストがシュールです……。

 

こうして見てみると、一口に短編アニメといっても、技法も作風もほんとに千差万別。
いろいろ見比べて、お気に入りの作家を見つけるのも楽しいのではないでしょうか。
(Y)

 

トップへ戻る