読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も逍遥館 ~ 京都大学吉田南総合図書館のブログ ~

京大吉田南総合図書館にまつわる日々の話をスタッフが気の向くまま紹介するブログです

11月のDVDセレクトは『ツライ』!

こんにちは、逍遥館です。


11月のおすすめDVDは、「みるのがちょっとツライ名作」です。

f:id:gymslib:20141104102706j:plain

パッと見「?」となる今月のテーマ、決まるまでにこんな経緯がありました。

 

当初、選定に非常に困った今月のDVDセレクト担当。
「自分の見たい映画を中心に選んでみたら?」とのアドバイスをもらい、ならば最近のイチ押し、『ミセス・ダウト』(ロビン・ウイリアムズ追悼の意味も込めて)を核にして、見たい映画をセレクトしたつもりでしたが・・・まるで統一感なし。 

 

スタッフO「おぉ~、いっぱい選びましたね!」
スタッフC「何かコンセプトあったの?」
担「いや・・・」
O&C「ないんかい!!」
選ぶことが苦手な今月の担当です。

 

セレクトしたDVDを眺めながら、
C「『家族』をテーマにしたらまとまるかも!」
担「じゃあ『ミセス・ダウト』入れられますね」
C「家族やったら小津作品入れてよ~」
担「なるほど!じゃあ」

f:id:gymslib:20141104102534j:plain

持ってきたのは『東京暮色』。


C「あかん!家族やけどツラすぎる。こうなってああなるもん(←内容割愛)。小津作品の中でも一番暗い作品ちゃう?」
担「おおー、それって、フェリーニの『』みたいですね」
C「えー、道は家族って感じじゃないやろ。家族でツライって言ったら、『自転車泥棒』やで。こうなってああなるねん(←内容割愛)」
担「そ、それはツライ」
C「今回のテーマは、『見るのがツライ映画』でいったらどう?」
スタッフK「だったら『The killing fields』もツライですよ」
O「『それでもボクはやってない』とか、『誰も知らない』とか」
C「ああ、子どもが出てくるとツライねえ。子どもつながりなら、『火垂るの墓』もツライ」
担「・・・ツライっすね」
C「子どもと犬はツライ」
O「犬と言えば『南極物語』ですね」
担「・・・『ミセス・ダウト』の入る隙間無いですかね」
スタッフH「元気だったころのロビン・ウィリアムズを見ると辛くなるよね」
担「(よし、じゃあイケる)」

 

と言うわけで、見るのがツライ作品がツラツラと。
辛さの格付けは人それぞれですが、思い出すと本当にツライ内容のものばかり。古今東西どれもこれも不条理。言葉が出ません。

それでも、全て名作です!ミセス・ダウトも含め!)

 

実は今回のセレクションのタイトル、「見たくない映画」になるところでしたが、「見たくないのに勧めるんかい!」という意見もあり、さすがにそれはあかんやろということで、「みるのがちょっとツライ名作」というタイトルになりました。
皆さん、ぜひ一度、手に取って見てみてくださいね! (M)

 

<余談>
・・・しかし今回選んだ「ツライ」DVDのタワーを見ていて、やっぱりちょっとへこみます。嗚呼外はこんなに良いお天気なのに。(雨の日もあるけどね)

f:id:cymslib:20141030143814j:plain

ツラいタワーが机の端に。現在はDVDの棚に面出ししてますヨ。

トップへ戻る