読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も逍遥館 ~ 京都大学吉田南総合図書館のブログ ~

京大吉田南総合図書館にまつわる日々の話をスタッフが気の向くまま紹介するブログです

潜入ルポ「善の研究」グレート・ブックス読書会

こんにちは、逍遥館です。

 

さる2016年6月10日(金)、第10回目となるグレート・ブックス読書会が
開催されました。(事前のご案内はこちら

今回のタイトルは西田幾多郎『善の研究』。
西田の名前は「京都学派」の哲学者として、ご存じの方も多いでしょう。
その西田の代表作とも言われるのが『善の研究』ですが、なかなか難解な書物としても知られております。
一度は手を出してみたものの、途中で挫折した……という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そんな『善の研究』に、なんと理系学生が果敢に挑みました。
理学部3回生の田中仁海さん、荒井駿さん、田中祥貴さん、工学部物理工3回生の森川健太郎さんの4人です。
自主ゼミとして、昨年から、集まって読み始めていたという彼ら。
昨年夏頃、このグレート・ブックス読書会のとある回で、コーディネーターの方に「西田の読書会をしているのでアドバイザーになってくださいませんか」とお願いしているのを小耳に挟んだ中の人、「これは!」と飛びついて、この読書会で、まとめを発表していただけるはこびとなりました!

 

それでは、さっそく彼らの発表スライドをご覧いただきましょう。
(力作です!)

当日は、このスライドを見つつ、『善の研究』を抜粋したテキストを読みながら、解説する形で進みました。

 

西田の言う「善」とは何か、「意志」とは、「純粋経験」とは、「統一作用」とは、「人格」とは何か……。


難解な言葉を読み解きながら、西田の考えを順を追って、論理的に、かつ具体例も交えて分かりやすく解説するみなさん。
なるほど、なんか少しだけ、西田の考えがわかった気がする……!

 

f:id:hymslib:20160623153517j:plainコーディネーターの解説に、真剣に聞き入る参加者のみなさん。

 

発表が終了した後は、質疑応答の時間。

 

「義賊アルセーヌ・ルパンの行為は善か?」「もし演奏者が理想の演奏をしていたとしても、聴いている人の中に音楽を聴いたら頭が痛くなる人がいたら、それは善と言えるのか?」などの問題提起がなされ、「ジャイアンのリサイタルは西田的に善たりえるのか?」という話題で議論は最高潮に!
次々と意見が飛び出し、時間が足りなくなるほどでした。
これぞ読書会の醍醐味ですね。

本業の学業もしつつ、哲学書に真正面からじっくり向き合ったコーディネーターの皆さん、きっと測り知れない大事な経験を得られたことと思います。

ん、この読書経験は、西田のいう「純粋経験」になるのだろうか、善と言えるのだろうか……。

この発表を聞いてから、何かにつけ、そんなことが頭をよぎるようになってしまった中の人でした。
これはぜひとも『善の研究』を自分の力で読んでみなければ!

 

さて、グレート・ブックス読書会は、どなたでも参加できますし、どなたでもコーディネーターになれます!
気になっている本を、みんなで一緒に読んで語りあうもよし、かの名著をわかりやすく解説するもよし。

条件は「当館のグレート・ブックスコーナーの図書を取り上げること」「1,2回生でも参加可能な入門読書会とすること」の2点だけ。

もし読書会をやってみたい!という方がおられたら、お気軽に吉田南総合図書館までご連絡くださいね♪
(詳しくはこちらのページをご参照ください)。

 

みなさんの「読みたい」を図書館はこれからも後押しします! (Y)

トップへ戻る